C・Dラボ

人生100年時代の戦略的人事構想会議 第1回「企業戦略としてのミドル・シニアのキャリア開発とは 〜45歳から定年以降を見据えて〜」開催報告

あるべき日本型の新しいマネジメントを、企業間で一緒に考え発信していくことを目的に、人生100年時代の戦略的人事構想会議を立ち上げ、7月26日に第1回目となるシンポジウムを開催致しました。

2019.08.30
ダウンロード

グローバル化、デジタル化、少子高齢化と人生100年時代という"産業の転換期"とも言える昨今、企業のボリュームゾーンであるミドル・シニアの持続的なキャリア開発が急務となっています。そこでこの度、あるべき日本の新しいマネジメントを、企業間で一緒に考え発信していくことを目的に、株式会社ライフワークス、株式会社アクティブ アンド カンパニー、エッセンス株式会社の3社が発起人となり、人生100年時代の戦略的人事構想会議を立ち上げました。

7月26日のシンポジウムでは「企業戦略としてのミドル・シニアのキャリア開発とは」をテーマとして、法政大学大学院教の石山恒貴氏の基調講演をはじめ、発起人である企業3社から、それぞれの専門分野(「キャリア開発」「人事制度構築」「越境学習」)を通じたミドル・シニアのキャリア開発事例について紹介を致しました。

後半のパネルディスカッションでは、参加者の皆様に、パネリストの方に聞いてみたい質問を募集し、リアルタイムでお答えしていきました。会場からは、「副業などの社外活動は本業へ悪影響なのでは?」「役職定年後のモチベーションの低下を防ぐには?」などの率直な質問も相次ぎ、非常に活発な意見交換が行われる場となりました。


講演録はこちら

本イベント・講演の内容をまとめた講演録を無料にてご提供しております。下記の"お申し込みボタン"よりご請求フォームをご利用ください。

ダウンロードの一覧へ戻る